【1】淫蕩父 フョードル・カラマーゾフ 指針を欠いたロシア的でたらめさ

フョードル イワン
  • URLをコピーしました!
第1部 第Ⅰ編 『ある一家の由来』 (1)フョードル・カラマーゾフ
目次 🏃

フョードル・カラマーゾフという男

ドストエフスキーの全てが凝縮した『カラマーゾフの兄弟』の序文 ~作者よりの続きです。

ロシア的なでたらめさ

アレクセイ・フョードロヴィチ・カラマーゾフは、私たちの群の地主フョードル・パーブロヴィチ・カラマーゾフの三男に産まれた。

父のフョードルは、いまからちょうど十三年前、悲劇的な謎めいた最期をとげたことで、一時はなかなか評判になった(いや、いまでも当地ではまだ噂にのぼる)男だが、その事件のことはいずれしかるべき場所で、お話したい。

いまはとりあえずこの≪地主≫(生涯を通じて持村で暮らすことはほとんどなかったのに、当地ではこう呼んでいた)については、だいぶ変わった部類の、だが、それでいてけっこうあちこちで見かけるタイプの男だったとだけ言っておこう。

つまり、たんに鼻つまみの放蕩者というばかりでなく、同時に常識はずれのでたらめな男でもあるのだが、同じくでたらめといっても、自分の財産上の諸雑務は実にみごとに処理してのける。

ただし、どうやらそのほかにはなんの取り柄もないといったタイプの人間なのである。

事実、フョードル・パーヴロヴィチはほとんど無一物で出発し、地主とは名ばかりのほんの小地主で、よその家で食事にありついたり、居候にころがりこんだりする機会ばかりねらっていたが、いざ死んでみると、現金で十万リーブルもの金を残していた。

そのくせ彼は生涯を通じて、当郡きってのでたらめきわまる常識はずれの一人として押し通してしまったのである。

念のため繰り返すが、これは頭が悪いというのとはちがう。だいたいがこういう常識はずれの大半は、なかなかに頭もきれ、抜け目もないものである。

――要するにこれは、でたらめとしか言いようのないもので、それも一種独特の、いかにも国民的、ロシア的なでたらめさなのである。(11P)

長大な物語は、カラマーゾフ一家の主、フョードル・パーヴロヴィチ・カラマーゾフのエピソードから始まる。

後に身内に嵌められ、「悲劇的な謎めいた最期をとげる」。

彼はまた筋金入りの好色で、妻子があっても、お構いなし。

父親としての責任感も皆無であり、それぞれ異なる腹から生まれた三人の息子ドミートリイ、イワン、アレクセイも完全放置で、他人任せにする。

それぞれの命運については、下記の記事を参照されたい。

・ 愛の欠乏と金銭への執着 ~父に捨てられた長男ドミートリイの屈折(2)
・ 無神論と自己卑下と高い知性が結びつく時 ~人間界の代表 イワン (3)
・ 幸福に必要な鈍感力・アリョーシャ ~鋭い知性はむしろ人間を不幸にする (4)

だが、この一家に、不思議と悲壮感はなく、父親と対立するドミートリイも、そこまで憎悪しているわけではない(憎悪というより、軽蔑に近い)のは、なんだかんだで、彼らが一つの血で結ばれた家族だからだろう。

イワンとアリョーシャの会話で、「カラマーゾフ的」という言葉が使われるが、その通り、彼らはみな、同じ業を背負った血族であり、良くも悪くも、その血気が金銭問題や色恋沙汰を引き起こし、また一方では、『序文』で示唆された、アリョーシャの大きなイベントに繋がっていく。

*

ドストエフスキーの言う『ロシア的でたらめさ』は、2022年、ウクライナ侵攻を目の当たりにして、いっそう説得力を感じる。

ソ連崩壊から30年。

ロシアも我々と同じ、自由民主主義を重んじ、多少の軋轢はあるにせよ、同じ方向に向かって進んでいくのかと思っていたら、突然の軍事侵攻。無差別攻撃。

ロシアのやることなすこと、全てに怒りを感じている人も少なくないだろう。

それがフョードルの『ロシア的でたらめさ』と同一かは分からないが、一つの思想に固執し、進歩的かと思えば、前時代に逆戻り。戦略も、理略もない、場当たり的な主義主張をふりかざし、目の前で何万の自国民が死んでも、まだ事の重大性に気付かずにいる。

西側から見れば、甚だ意味不明な振る舞いは、まさに「ロシア的でたらめさ」といっても過言ではない。

時代が変わっても、その地に根を張る精神風土や文化習慣は、他国からは窺い知れないものだ。

日本人だって、他国人から見れば、「ヘラヘラ、ニタニタ、何を考えているのか」「右か左か、どっちの味方なのか」、不可解な存在である。

いや、それが我々の気づかいなんですよ、と言っても、他国人は決して理解しないだろう。

それは無責任や支離滅裂とは異なり、決断と遠慮、好悪と忖度みたいに、相対するものが同居する複雑さである。

フョードルも、本質的には理知的で、洞察力に優れるが、一方では、下品きわまりない俗物で、傍から見れば、これほど不可解な人物もない。

それでいて、決して孤独ではなく、飲み仲間もいれば、忠僕もあり、息子達にもそれなりに慕われている。

現代風に喩えれば、悪ノリが過ぎる「田舎オヤジ」で、本人の中では全て整合性がとれている。理解しない周りの方がおかしいのだ。

「ロシア的でたらめさ」とは、祭りのような熱狂に、幾ばくかのメランコリーが混ざり合い、その日の気分で王にも乞食にもなる、酔っぱらいではないか。

それが身内で収まるうちは笑い話で済むが、国家に及べば歴史的悲劇となる。

関連のある記事
【6】 僧院の『薔薇の谷間』とフョードルの洞察力 田舎オヤジは本当に道化なのか?
僧侶やゾシマ長老の前でも悪ふざけするフョードルの知性が垣間見える印象的な場面。

フョードルの最初の結婚 ~ドミートリイの誕生とアデライーダの死

このでたらめな男は、愛も責任感もない結婚を繰り返し、次々に三人の息子をもうけて、不幸の種を蒔く。

彼は二度結婚して三人の息子がいた。

長男のドミートリイは先妻の子で、あとの二人、イワンとアレクセイが後妻の子である。

フョードルの妻(アデライーダ・イワーノヴナ)は、かなり裕福な名門の貴族で、やはり当郡の地主であったミウーソフ家の出であった。

いったいどういうめぐり合わせで、持参金つきの、おまけに美人の、しかも、そのうえ、いまの世代にはもうめずらしくもなんともないが、一世代ほど前にもそろそろはしりの出はじめていた、才気煥発な当世風のお嬢さんが、当時みなから≪愚図のひょうろく≫などと呼ばれていたつまらぬ男との結婚などに踏み切れたのか、そのわけはくどくどと説明しないことにする。

≪中略≫

アデライーダ・イワーノヴナ・ミウーソワの行動もこれと同じことで、明らかに外来の風潮にかぶれた結果であり、これまた囚われた思考の焦燥のあらわれにほかならなかった。

おそらく彼女は女性の独立を地で行き、社会の規範や、一門、家族の圧政に反旗をひるがえしたい気持にかられたのだろう。そして得手勝手な空想のおもむくまま、実際にはたんなる腹黒い道化にしかすぎないフョードルのことを、ほんの一瞬間にもせよ、いまでこそ居候に身を落としているが、実は、万事が進歩へと向かいつつあるこの一大転換期にあって、もっとも勇気のある、もっともシニカルな男性のひとりに相違ない、と思い込んでしまったのだろう。(12P)

駆け落ちの直後から自分が夫に対して軽蔑以外のなんの感情も持ちあわせていないことを、即座に見抜いてしまった。(13P)

美しく、才気煥発な名門の令嬢が、威勢だけはいい田舎オヤジを、田中角栄かドナルド・トランプみたいに思い込んだのが運の尽き。

ちと冷静に考えれば、どれほどリスキーな結婚か察しがつくだろうに、思い込みの激しいアデライーダは、フョードルのことを大人物と錯覚し、不幸な結婚に突っ走る。

『外来の風潮にかぶれた』というのは、ロシアにも入り込んできた西欧的な価値観のことだろう。

後に、こうした新進気鋭の自由主義や個人主義が、ロシア革命に繋がっていく。

また、アデライーダの激しやすい気性は、息子ドミートリイに受け継がれ、夫婦間の金の悶着を父子の間で再現することになる。

フョードルは、二万五千ルーブリにのぼる持参金をすべて巻き上げ、それでもまだ飽き足らず、「小さな持ち村」と「立派な町の邸宅」も、「なにか適当な証書を作成して自分名義に書き換えてやろう」と欲望を燃やす。

夫婦は金銭をめぐって、つかみ合いの喧嘩を始め、とうとう夫に愛想が尽きたアデライーダは、三歳になる長男のミーチャ(ドミートリイ)をフョードルの手に残し、貧乏な神学校出身の教師と駆け落ちしてしまう。

その後、アデライーダは、「どこかの屋根裏部屋でぽっくり急死」。

ヒョードル・パーヴロヴィチは、妻の死を知ったときは酔っぱらっている最中だったが、だしぬけに表へ走り出て、喜色満面、両手を高く天に差しのべながら、「大願成就」とわめき立てたという。もっとも、ほかの人の話によると、まるで小さな子供のようにおいおい泣きじゃくるので、実にいやらしいやつだと思いながらも、見ているのが気の毒なくらいだったともいう。

江川氏の注釈によると、

「大願成就」はルカ復員省第二章二十九節に出てくる表現で、原義は「いまこそ去らせてくださいます」。エルサレムのシメオンという人が、キリストを見るまでは死ぬことはないとのお告げを受けてその日を待ちわびていたが、ある日≪神殿≫にはいると、そこに幼いイエスが両親に連れられて来たので、彼は神をたてて、「主よ、いまこそあなたのしもべを安らかに去らせてくださいます」と言った。転じて「大願成就」の意で使われる。

「キリストの御姿を目にする」という人生最大の願いが叶ったことで、シメオンは、もういつ死んでも構わないほどの至福を感じた。

フョードルも、うるさい妻が死んで、いつ死んでも構わないほどの解放感を覚えたが、反面、良心の呵責からか、おいおい泣きじゃくることもある。

このあたりが、傍目には不可解な人物に映るのだろう。

その時、長男のミーチャ(ドミートリイ)は3歳。

父からも母からも厄介払いされ、従僕グリゴーリィが面倒を見ることになる。

後の、ミーチャとの確執は、アデライーダの怨念かもしれない。

フョードルの人物像を、ドストエフスキーは次の一文で締めくくる。

だいたいが人間というものは、たとえ悪人であっても、われわれが一般に考えるよりは、はるかに素朴で純真なものである。いや、そういうわれわれ自身だって、そうなのだ。

ここでいう「悪人」は、冷酷無比ではなく、下品、欲深、大洞吹き、野卑、無教養な人物を指す。

一見、救いようもない人物に感じるが、彼らは欲望を抑えきれないだけで、心の芯まで汚れきってはいない。

ある意味、自分の感情に素直なので、純真といえば、純真である。

我が侭な子供がそのまま大人になったようなものだ。

※ ヴァシリー・ルシャスキーが演じるフョードル・カラマーゾフ
ドストエフスキー カラマーゾフの兄弟

こちらもおすすめ

フョードルに関しては、原卓也・訳でも紹介しています。
① 淫蕩父と神の人・アリョーシャ 人類救済の真理を探究する《カラマーゾフ随想》

江川卓による注釈

江川訳の巻末に収録されている注釈です。訳者によって表現が異なりますが、作品理解の参考に。

囚われた思考の焦燥

レールモントフの詩『若き夢想家よ、おのれを信ずるな』(一八三九)からの引用で、「疫病のごとく、霊感を恐れよ…… / そは――君が病める魂のうわごと / あるいは囚われた思考の焦燥にすぎぬ」の文脈に出てくる。

大願成就

ルカ福音書第二章二十九章に出てくる表現で、原義は「いまこそ去らせてくださいます」。エルサレムのシメオンという人が、キリストを見るまでは死ぬことはないとのお告げを受けてその日を待ちわびていたが、ある日《神殿》にはいると、そこに幼いイエスが両親に連れられて来たので、彼は神をたたえて、「主よ、いまこそあなたのしもべを安らかに去らせてくださいます」と言った。点じて「大願成就」の意で使われる。

出典: 世界文学全集(集英社) 『カラマーゾフの兄弟』 江川卓

ナビゲーション

前のエピソード
【序文】ドストエフスキーの全てが凝縮した『カラマーゾフの兄弟』~作者より 大作『カラマーゾフの兄弟』は主人公アレクセイ・カラマーゾフに詳しい”書き手”の回想録として始まる。当初二部構成として始まった本作は壮大なイベントの前日譚に過ぎない。作者の意図や決意が表れた『序文』について解説。
次のエピソード
【2】 愛の欠乏と金銭への執着 ~父に捨てられた長男ドミートリイの屈折 父親に厄介払いされた長男ドミートリイは幼少時からたらい回しにされ、金で周囲の歓心を買う、無節操な人間に育っていく。自分の父親が金持ちの小地主と知った途端、実際以上の資産を受け継げるものと勘違いし、金勘定に長けた父親が自分を騙そうとしていると逆上したところから悲劇が始まる。
誰かにこっそり教えたい 👂
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

管理人にメッセージを送る

コメントする

目次 🏃