肉体関係ができれば女は執着する 不倫の顛末をリアルに描く 映画『危険な情事』

肉体関係ができれば女は執着する 不倫の顛末をリアルに描く 映画『危険な情事』
記事について

「私たち、大人じゃない」才色兼備の雑誌編集者アレックスに誘惑され、弁護士のダンは妻子の留守中に肉体関係をもつ。期限が来ると、ダンはいつもの日常に戻ろうとするが、運命の恋と信じたアレックスは執拗にダンを追い回し、ついには妻子の生命も脅かすようになる。自信に満ちあふれた独身女性の落とし穴と男の身勝手を描いたエイドリアン・ラインの傑作。「私って、恋愛上手なの」を自負する女の狂いっぷりが凄まじい。不倫の現実を如実に描く問題作。

目次 🏃

作品の概要

危険な情事(1987年) - Fatal Attraction (破滅的な魅力「Fatal」には運命の~という意味もある)

監督 ; エイドリアン・ライン
主演 : マイケル・ダグラス(ダン・ギャラガー)、グレン・クローズ(アレックス・フォレスト)、アン・アーチャー(ダンの妻、ベス)

危険な情事 (字幕版)
危険な情事 (字幕版)

あらすじ

弁護士のダンは、仕事も、私生活も順調で、幸せな日々を過ごしていた。
ある時、妻ベスが娘を連れて、実家に帰省する。
久々の一人暮らしを満喫し、開放的な気分になったダンは、出版社のパーティーで知り合った魅力的な女性アレックスと再会し、その日のうちに肉体関係をもつ。
ダンは一夜限りの情事だったが、アレックスは運命の恋と思い込み、執拗にダンに絡むようになる。
ダンが拒むと、アレックスの狂気はますますエスカレートし、妻と娘の身に危険が及ぶようになる……。

見どころ

妻の側から見ても、愛人の側から見ても、非常に興味深い映画。
アレックスを演じるグレン・クローズの演技があまりに凄まじいので、「ホラー」や「サイコ・サスペンス」に位置づけられるが、本作は男の本音と女の勘違いを鋭く描いた恋愛ドラマであり、クライマックスの浴室のカメラワークも、ヒッチコックの名作『サイコ』に匹敵するほどスリリングだ。

私の中では、80年代洋画のベストテンに入る作品。
初めて見たのは20才の時だったが、非常に勉強になった(・ω・)

『恋愛上手』の女の正体 ~アレックスの狂気

女の本性は『ヘビ』

私って、恋愛上手なの

そう自称する女性ほど厄介なものはない。

その多くは、依存体質の恋愛中毒で、恋愛どころか、自分の人生さえ上手くいってない人が多いからだ。

ところが、男性には女性の本性は分からない。

恋愛上手を真に受けて、軽い気持で遊んでみたりする。

しかし、女性の本性はヘビだ。

最初は遊びのつもりでも、身体の関係をもてば、ヘビのように相手に執着するようになる。

女性にとって、一番許せないのは、「身体だけ」というシチュエーションだからだ。

狂ったように男を追いかける女

映画『危険な情事』のアレックスも同じ。

「私たち、大人でしょ?」と都会の女を気取るが、いざ、関係をもつと、男性の冷淡さを詰るようになる。

ダンが、「お互い大人で、チャンスを楽しんだだけ。ルールは分かっていたはずだ」となだめても、すでにヘビと化したアレックスの耳に届くはずがない。

男を自分の元に繋ぎ止めるためなら、自傷することも厭わない。

台所で手首を切り、とことん、自分のいいように仕向けようとする。

男が本当に愛しているのは妻子

それでもダンの気持は変わらない。

ダンが愛しているのは妻子であり、アレックスではないからだ。

そうして、ダンが自分から離れていくと、アレックスはあの手この手でダンを振り向かせようとする。

何でもない振りを装って、男の職場を訪ねたり、「深い意味はないの」と言いながら、オペラに誘ったり。

そこまでされると、最初は魅力的に見えた女も、だんだん鬱陶しい、魔女みたいに見えてくる。

だが、邪険にされると、ますます追いかけたくなるのが女心だ。

なぜなら、自分が「遊ばれた」とは絶対に認めたくないからだ。

※ 男を引き留める為の、女の常套手段。「あなたの子を妊娠した」

※ ついにはダンの家に上がり込み、妻ベスの友だちになる。

アレックスは頭のイカれた女性と思うかもしれないが、どんな女性にもアレックスに似た部分は大なり小なりある。

だから、全米で、我が事みたいに大ヒットしたのだ。

不倫をテーマにした映画は数あるが、『危険な情事』ほど不倫の顛末をリアルに描いた作品はまたとない。

80年代の作品ではあるが、現代にも十分通じる、衝撃のサスペンス・ドラマである。

オペラ『蝶々夫人』 ~男に捨てられた女

「恋愛上手」を自称する女の末路を端的に表現した、オペラ「蝶々夫人」の場面。

情事も終わり、ダンはいつもの日常に戻るが、アレックスはそうではない。仕事を装って、ダンのオフィスを訪ね、オペラ『蝶々夫人』を一緒に見に行こうと誘うが、ダンはきっぱり断る。

その後、二度とダンがアレックスの誘いに応じることはなく、一人淋しく蝶々夫人のアリアを聴きながら、狂気に取り憑かれていくアレックス。

部屋の明かりを、ぷっちん、ぱっちんと、点けたり消したりしながら、情念をたぎらせる演技が凄まじい。

『蝶々夫人』は、米軍士官ピンカートンの日本人妻となるが、ピンカートンには母国に妻がおり、最後には自害してまう悲劇のヒロインだ。
アレックスが聞き入る『ある晴れた日に』は、ピンカートンの愛を信じて帰りを待つ蝶々夫人の心情を歌った、有名なアリアである。

参考 → 女装スパイと外交官の官能愛を描く 映画『エム・バタフライ』

【恋愛コラム】 肉体関係ができれば女は変わる

この世で一番危ないのは、「自分で自分のことがよく分かってない女」と思う。

「私は強いから、大丈夫」「自分はこんな馬鹿なことは絶対にしない」と、自分で自分を買いかぶっている女性ほど、いざとなると理性を失い、常軌を逸した行動に出る。

相手に愛されない現実を認めることができず、何が何でも、自分の思う通りにしようとするからだ。

本作のアレックスも、いよいよ気持が煮詰まると、自分の気持ちを延々と吹き込んだカセットテープをダンに送りつける。

そこには相手の幸せを願う気持ちは一つもなく、ただただ弁解と自己主張があるだけだ。

普通に考えれば、こんなテープを送りつけた時点でアウトなのに、彼女には分からない。

自分の真心を届ければ、彼もきっと分かってくれると期待しているからである。

だが、何故、こうまで恋に狂ってしまうのか。

理由は簡単、プライドが高いからである。

「付き合いに失敗した」とか「愛されない」という現実を受け入れることができない。

だから、自分が勝利するまで、わめき、絡み、物事をコントロールしようとする。

諦められないのは、相手の存在ではなく、自分自身だ。

常に最高の自分で居続けるために、「失敗した」とか「愛されない」みたいな現実は、自分の歴史から消し去らなければならないのである。

だが、そんな心持ちで幸せがつかめるだろうか。

そこが素直に前に進める女性と、いつまでも気持をこじらせて、無駄に年だけ取っていく女性との違いである。

そして、この手の女性が深入りすると一番危険なのは、不倫である。

妻から夫を奪った事に対して、彼女は一時期、優越感にひたるが、そんな幻想もすぐに崩れ去る。

日頃、重荷に感じようと、男にとっては家庭が第一であり、妻子はその要だからだ。

だから、本作のダグも、自ら妻子を裏切りながらも、いざ自分の家族に危険が及ぶと、途端に保守的になり、不倫相手を憎むようになる。

それを勝手と断じるか否かは、人それぞれだが、それが男というものだ。

その現実を受け入れない限り、不倫の恋に苦しむ若い女性は後を絶たないだろう。

この世に「遊びの恋」など存在せず、肉体関係ができれば、女は変わる。

そのことを、女性自身がまったく理解してないのが問題であって、男の性情など、さほど重要ではない。

肝心なのは、己を知ること。

自分はいい女だと、心のどこかで自惚れないことだ。

誰かにこっそり教えたい 👂

Notes of Life

自己肯定感を高めたければ、誰かの役に立つのが一番の近道です。 いきなり人の中に入るのが怖ければ、小さな鉢植えでいいので、大事に育ててみましょう。 自分みたいな人間でも必要とされていることが分かれば自尊心も高まり、自信に繋がります。

この記事を書いた人

作家・文芸愛好家。80年代サブカルチャーの大ファン。アニメから古典文学まで幅広く親しむ雑色系。科学と文芸が融合した新感覚のSF小説を手がけています。看護師として医療機関に勤務後、東欧在住。石田朋子。amazonの著者ページ https://amzn.to/3btlNeX

Notes of Life

最初から日の当たる場所で歩き始める人はいない。 皆に理解されながら物事を始める人も。 始める時は、いつも一人。 考えるのも、一人。 行うのも、一人。 だからこそ達成の悦びもひとしおなのです。
目次 🏃
閉じる