恋はするものではなく、してしまうもの ~自己弁護の演説会は自分も周りも疲れさせる

恋は”するもの”ではなく、”してしまう”もの ~自己弁護の演説会は自分も周りも疲れさせる
記事について

一人であることを正当化する為に、「自分が恋をしない理由」を延々と周りに言って聞かせても、相手を疲れさせるだけです。恋は”するもの”ではなく、”してしまうもの”。思いがけなく人を好きになるから恋というのであって、恋すべき理由も、恋をしない理由も存在しません。周りはそうした"こじつけ"に、あなたの無理ややせ我慢を感じ取り、かえって「痛い人」と受け止めてしまうのです。こ

目次 🏃

恋は“するもの”ではなく、“してしまう”もの

「私は恋などしません」という人の理由として、

仕事が忙しい、
男性に興味がない、
他に生き甲斐があるから、等々。

しかし、人間が恋をする時は、

戦時中だろうが、
貧乏だろうが、
明日が面接試験だろうが、
相手が大統領だろうが、

恋をします。

恋をする、というよりは、“してしまう”のです。

人が人を恋するのに、理由などありません。

たまたま、そこにお相手がいて、胸がときめいてしまう。

それだけのことです。

旅行みたいに、何年も前から計画することもなければ、パンフレットを見比べることもありません。

ある日突然、頭上に隕石が落ちてくるみたいに恋をするから、誰にとっても劇的な出来事なのです。

恋はこういうものと決め付けず、もっと心を開いてみませんか。

恋人候補でなくても、素敵な人はいっぱいいます。

日々出会うもの、自分自身に対しても、優しい目を向けてみませんか。

心を開けば、恋はすぐ隣にあるもの。

頑なな心には、恋の足音さえ聞こえません。

恋と女性の魅力はあまり関係ない

恋は不可思議なものです。

なんで、あんな人と? みいたいに、

予期せぬ時に、予期せぬ相手と、予期せぬシチューエーションで恋に落ちるから、感動的なのであって、最初から分かりきっている恋など、どこにも存在しません。

たとえば、お洒落なレストランで美人と食事したからといって、必ずしも恋するとは限らないですね。

職場に長身のイケメンが転属されたからといって、誰もが恋に落ちるわけでもないと思います。

そうかと思えば、学生時代はまるで眼中になかった人を突然好きになったり。

相手が一回りも年下なのに、好きになってしまったり。

それも必ずしも美男美女とは限りません。

なんで、あんな人? と思うような人に、ドキンとときめいてしまうから、恋の醍醐味があるのです。

ところが、世間は評判はそうではありません。

「美人だから、好きになる」

「エリートだから、夢中になる」

恋愛といえば、美男美女でエリートのものというイメージがある為に、「自分が縁遠いのは、美しくないからだ」と無理なダイエットに励んだり、どうせ私なんかと卑屈になったり、良い風に考えられない人も少なくないのではないかと思います。

また、こうした先入観があると、せっかく立派な人に出会っても、「見た目がイヤ」とか「条件がいまいち」とかいう理由で敬遠してしまいます。

「出会い」とは、外に向かって心が開かれていることにも書いているように、本当に意味のある出会いは、心が開いてなければできません。

いい恋がしたければ、

「恋はこういうもの」

「恋人はこういう人でなければ」

という先入観は捨てましょう。

どんな美人だろうが、エリートだろうが、計画的に恋愛して、計画的に結婚する人はありません。

人を愛し、人生を楽しむ余裕が、素敵な恋を運んでくるものです。

Notes of Life

人生は『時間』によって作られます。 年を取るほど、1分の価値は貴重です。 若い時に為すべき事は、自分の持ち時間を何に使うか考えることです。 消費、浪費、空費、徒費。 過ぎ去った時間は二度と戻ってきません。 一日、悪口で過ごすのも 一日、園芸を楽しむのも 同じ人生です。

この記事を書いた人

MOKOのアバター MOKO 著者

作家・文芸愛好家。80年代サブカルチャーの大ファン。アニメから古典文学まで幅広く親しむ雑色系。科学と文芸が融合した新感覚のSF小説を手がけています。看護師として医療機関に勤務後、東欧に移住。石田朋子。
amazon著者ページ https://amzn.to/3btlNeX

Kindleストア

ジャンルはSFですが古典的なスタイルの長編小説です。海外翻訳文学が好きな方に向いています。
サイトで気軽に試し読みできます。

📔 無料で読めるPDFサンプルはこちら

TOP
目次 🏃
閉じる