なぜ絵本の読み聞かせに失敗するのか ~子供は音から学ぶもの

なぜ絵本の読み聞かせに失敗するのか ~子供は音から学ぶもの
記事について

子供は最初に音を覚え、対象と結びつけて、言葉として認識します。文字はその後です。読書の途中にテストをしてはいけない理由を綴っています。

毎日、数冊の本を読み聞かせ、良書を厳選してるのに、うちの子はちっとも本に興味を示さない。

隣の健太くんは、もうカタカナも読めるのに、うちの子は……

そんな話、巷にいっぱい転がっていますね。

しかし、プロの絵本読み(五歳児)を代表して言わせてもらえば、子供は言葉を『言葉』として認識し、大人のように「文字」を読んでいるわけではありません。

親が絵本を読み聞かせる間も、『絵』を通して、自分の世界に遊んでいるのが大半です。

たとえば、皆さんは、ギリシャ語の絵本が読めますか?

ギリシャ人に、ギリシャ語の絵本を、読み聞かせしてもらっても、そこに何が書かれているのか、相手の話している内容さえ、まったく理解できないと思います。

唯一、分かるのは『絵』だけ。

そして、ギリシャ人が、抑揚をつけて話すのを聞きながら、「ああ、今、お姫さまが泣いているんだ」「鬼を退治して、皆が喜んでいるんだ」と、何となく理解するものです。

子供も、それと同じです。

たとえ日本語の絵本でも、そこに何が書いてるか、子供にはさっぱり分からないし、大人の話すことも、それほど正確に理解していません。

唯一、分かるのは『絵』だけ。

お姫さまが泣いたり、桃太郎が万歳するイラストに併せて、親が「姫はしくしく泣きました」と悲しそうな声で言ったり、「鬼をやっつけた。よかったね」と力強く語りかけたりする声を聞いて、何となく内容を理解するものです。

その繰り返しで、徐々に、「斧」とか「泉」とか「きび団子」という言葉を覚え、絵本のイラストと結びつけるようになります。

あるいは、実際に、斧を目にして、「おの」と物体が結びつくこともあれば、台風の日に、強い風を経験して、「あらし」がどのようなものか身体で理解することもあります。

つまり、「文字」ではなく、『音』と『対象』が結びついて、初めて、言葉が言葉として認識されるわけですね。

大人でも、ギリシャで暮らすうちに、周りが話すのを聞いて、「ネローが水」「ヴロヒーが雨」と理解すると思います。

ギリシャ文字が読めなくても、スーパーの商品棚を見るうちに、「バター βούτυρο」「チーズ τυρί」が理解できるようになります。

子供もそれと同じ。

まず「音」から入って、対象と結びついて、言葉を認識します。

「音」と文字が結びついて、「読めるようになる」のは、一番最後なんですね。

にもかかわらず、読み聞かせの途中で、親が文字を指さして、「これが『あ』。これが『れ』。この赤いものは、何という果物かな」なんてテストしたら、子供の集中力も途切れるし、余計な音が入り込んで、ますます意味が分からなくなります。

それよりも、集中。

音に慣れ親しみ、親の話し口調から、名詞、助詞、接続詞、会話文の区切りを自然に学ぶ方が大事です。

今は文字が読めなくても、音は子供の記憶に蓄積されていきます。

そして、ある日、突然、理解するのです。

これが『嵐(あらし)』だ、と。

いわゆる『言葉のシャワー』です。

大人でも、外国語の勉強で、同様のプロセスを経験します。

相手が何を言っているのか、正確に理解できなくても、「音」は知っています。(そういえば、ドブラ、ドブラ、って、よく言うなぁ、みたいな)

そのうち、何かのきっかけで、意味を理解し、単語の読み書きができるようになります。

子供もまったく同じで、ぼーっと聞いてるようでも、音はしっかり自分の中に溜め込んでいるんですね。

親が文字の読み書きにこだわって、読書の途中にテストすれば、子供にとっては大変なストレスです。

自分だって、ギリシャ語の絵本を読む度に、「この単語の読み方は? 意味は?」とテストされたら、イヤでしょう。

絵本の読み聞かせも、『音』が一番大事で、文字は後から付いてきます。

文字を教えるために、絵本を読むのではありません。

私は、幼稚園の頃、「じしん」という言葉が分かりませんでした。

動物の絵本で、椰子の実が落ちてきた時、ウサギたちが「じしんだ、じしんだ」と大騒ぎする場面があったのですが、親に「じしん、って何?」と聞いても、「地面がぐらぐら揺れること」としか教えてくれなくて、ずいぶん悩んだものです。

ところが、ある日、本当に地震が来て、地面がぐらぐら揺れた時、「これが”じしん”か!」と理解することができました。

ウサギたちは、椰子の実が落ちてきた時、振動の大きさに驚いて、地震と勘違いしたわけですね。

そのように、音は知っていても、体験として知らない、また知るのが難しい単語もたくさんあります。

「くやしい」「おどろおどろしい」「そわそわした」のように。

でも、音として知っているのと、知らないのでは、大違いですし、音として知っていれば、ある日突然、理解する日も来ます。

その為に、音としての言葉を繰り返し聞かせ、親が抑揚を付けたり、イラストや実体験と結びつけることによって、理解も早まるわけです。

ギリシャ語が読めなくても、ギリシャ神話を描いた絵本は美しいものです。

子供も、日本語の文字が読めなくても、美しい挿絵や、神々の冒険に、心を揺さぶられるのではないでしょうか。

なぜ絵本の読み聞かせに失敗するのか ~子供は音から学ぶもの

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Notes of Life

人生は『時間』によって作られます。 年を取るほど、1分の価値は貴重です。 若い時に為すべき事は、自分の持ち時間を何に使うか考えることです。 消費、浪費、空費、徒費。 過ぎ去った時間は二度と戻ってきません。 一日、悪口で過ごすのも 一日、園芸を楽しむのも 同じ人生です。

この記事を書いた人

MOKOのアバター MOKO 著者

作家・文芸愛好家。80年代サブカルチャーの大ファン。アニメから古典文学まで幅広く親しむ雑色系。科学と文芸が融合した新感覚のSF小説を手がけています。看護師として医療機関に勤務後、東欧に移住。石田朋子。
amazon著者ページ https://amzn.to/3btlNeX

Notes of Life

自己肯定感を高めたければ、誰かの役に立つのが一番の近道です。 いきなり人の中に入るのが怖ければ、小さな鉢植えでいいので、大事に育ててみましょう。 自分みたいな人間でも必要とされていることが分かれば自尊心も高まり、自信に繋がります。
目次 🏃
閉じる