いじめる人を喜ばせてはいけない ~死んでも、いじめっ子は手を叩いて笑うだけ

いじめる人を喜ばせてはいけない
  • URLをコピーしました!

いじめられて、悔しい、苦しい。

あいつらの顔を思い浮かべるだけで、心臓がギューっとなって、全身の血が煮えたぎる。

できるものなら殺してやりたい。

それが叶わないなら、死んでしまいたい。

最低な毎日。

どこにも身の置き場がない。

誰も分かってくれない。

だからといって、君が死んだら、君をいじめる人間は手を叩いて喜ぶだけだ。

遺書に相手の名前を書き残して、誰かが敵を討ってくれることを期待しても、多分、君の期待は裏切られるだろう。

君をいじめる人間は、「ああ、目障りな人間が消えてくれて、せいせいした」と陰で大笑いするだけだ。

反省もしないし、後悔もしない。

そんな人間だから、人が死ぬまで、いじめることができるんだよ。

悪い性格は、死んでも直りません。

君は、自分の命を懸けてまで、自分をいじめる人間を喜ばせたいか?

君の命は、彼らの冗談ほどの価値しかないのだろうか。

悔しいと思うなら、彼らを喜ばせないことだ。

しぶとく生き延びて、いつか彼らを見返してやろう。

君が本当に正しければ、いつかその答えがやって来る。

君が直接手を下さなくても、神様はちゃんと見ている。

いじめる人間のために、命を捨ててはいけない。

自死なんかしたら、彼らの思うつぼだよ。

いじめられたら、自分の幸せに集中しよう。

好きなマンガ、好きな映画、何でもいい。

好きなことに意識を向けよう。

死んで復讐しようとか、余計なことにエネルギーを使ってはいけない。

そんなことをすれば、ますます君は疲弊し、生きる意欲をなくしてしまうだろう。

今は到底、そんな気持ちになれないかもしれないが、それだけが唯一、いじめる人間に対抗する術だ。

彼らが他人を傷つけるのに費やす時間を、君は有意義なことに使おう。

破壊者には、破壊者の未来しかなく、新たな破壊者によって、滅ぼされる。

でも、創造的な人間は、価値あるものを生み出し、同じ志を持つ人を引き付けて、どんどん心が豊かになる。

悪口に明け暮れる人間は、悪い人間に囲まれて、いつも不幸だが、

創造的な人は、明るい人たちに囲まれて、いつか幸せを掴むだろう。

世界はそこまで腐ってはいない。

来年、再来年のことなど、誰にも分からない。

だから、みな、生きられる。

死んで、いじめる人を喜ばせてはいけない。

そんな人たちのために、命を捨てるほど、もったいないことはない。

『クソ映画にも五つ星の愛を』をモットーに古今の名作からB級映画まで、お気に入りの作品を紹介しています。

映画のタグ
誰かにこっそり教えたい 👂
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次 🏃