インシャアッラー 全てを神の御心に委ねて 映画『デビルズ・ダブル -ある影武者の物語』

デビルズ・ダブル -ある影武者の物語
記事について

サダム・フセインの息子で、ブラック・プリンスと言われたウダイの影武者を務めたラティフ。ウダイの蛮行に苦しむラティフに、父親は「我々が無力でも、いつか必ず神の裁きが下る。お前が自由を得ることで、私が死ぬことになっても、それは神のご意志だ。インシャアッラー(すべては神の御心のままに)」と励ます。

ドミニク・クーパーの傑作を動画で紹介。

目次 🏃

映画『デビルズ・ダブル -ある影武者の物語-』 あらすじと見どころ

デビルズ・ダブル −ある影武者の物語− (2011年)  - The Devil's Double

監督 : リー・タマホリ
主演 : ドミニク・クーパー(ウダイ・フセイン / ラティフ・セヒア)、リュディヴィーヌ・サニエ(サラブ)

デビルズ・ダブル −ある影武者の物語− (字幕版)
デビルズ・ダブル −ある影武者の物語− (字幕版)

あらすじ

サダム・フセインの息子、ウダイと瓜二つの容貌を持つラティフ・セヒアは、突然、ウダイに拘束され、影武者になることを強要される。
整形手術を受け、ウダイと行動を共にするようになるが、そこで目にしたのは、やりたい放題の野蛮な振る舞いだった。
やがて、ラティフは、ウダイの情婦サラブと関係を持つようになり、身の危険を感じた二人はウダイの元を脱出するが、意外な落とし穴が待ち受けていた。
果たしてラティフはウダイの追跡を逃れ、人質となった家族を解放することができるのか。

見どころ

一人二役を演じたドミニク・クーパーの演技が素晴らしいのと、ウダイの狂いっぷりが印象的な作品。
ある程度は予想していたが、悪人というより堕落人という感じ。
いっさい同情の余地はない点が、かえって本作の切れ味をよくしている。
脚本も中だるみなく、変に政治的メッセージを持ち込まない点でも好感度大。
伝記映画というよりは、ウダイをモチーフとしたアクションドラマとして楽しむといい。
逃亡の過程はサスペンス要素もあり、見て損はない秀作。

映画『デビルズ・ダブル』が描く狂気

悪魔のようなウダイ・フセインと影武者の苦悩

影武者とは、重要人物の命を守るため、顔や体格の似通った人物を本物そっくりに仕立て上げ、常に影のように添わせて、敵の目をくらませる戦術の一つだ。

漫画や映画においては、しばしば本物の方が命を落とし、国の動乱を回避する為に、影武者が本物に取って代わる。
隆慶一郎・原作/ 原哲夫・画の『影武者徳川家康』など)

そして、「本物の武田信玄」や「本物の徳川家康」を演じるうちに、一介の野武士に過ぎなかった男が大将の責務に目覚め、本物の正妻や愛人とも好い仲になって、偉大な指導者として国を統治する――という筋書きが主流だが、映画『デビルズ・ダブル −ある影武者の物語』は、「悪魔のようなウダイ・フセイン」に人生をめちゃくちゃにされ、悪行の中で葛藤する影武者の苦悩を描いた力作だ。

ウダイ・フセインは、2006年、戦争犯罪によって絞首刑にされたサダム・フセインの長男で、常軌を逸した蛮行から「ブラック・プリンス」と呼ばれている。

そのウダイに顔が似ているというだけで影武者を強要され、狂気の沙汰に巻き込まれたのがラティフ・ヤヒアだ。

想像を絶する悪行の中で、ラティフは何度も逃亡を試みるが、家族を人質に取られ、身動きが取れない。

しかし、ウダイの情婦サラブの協力を得て、二人は逃亡。ウダイに復讐を試みる――という筋書きである。

*

『デビルズ・ダブル』は、彼の手記やインタビューを元に制作された非常に生々しい作品であり、何の予備知識もないままに見たら、その残虐さに吐き気をもよおすにちがいない。

もちろん、映画はあちこち脚色されているし、実際、ウダイがどんな人物だったか、日本人には知るよしもない。

こちら側に伝えられるフセイン一族の印象も、「歴史はつねに勝者の側から書かれる」という言葉もあるように、どこまで真実か分からない。

そうした歴史的真実を抜きにしても、映画『デビルズ・ダブル』は見応えのあるドラマだ。

「悪魔」としか言いようがない権力者ウダイに支配され、悪事の片棒を担がされながらも、己の良心に忠実であろうとするラティフと、彼を支える家族の姿は胸に迫るものがある。

*

物語は、国の行く末を憂う青年ラティフが、何の事情も知らされないまま、ウダイの元に連行される場面から始まる。

ウダイの異常性は学生時代から知っていたこともあり、話し合うまでもなく、ラティフの答えは「No」だ。

だが、家族を人質に取られては逆らえない。

形成外科の手術も受けて、ウダイの影武者となり、二十四時間、行動を共にするようになったラティフが目にしたのは、金ぴかの豪邸にずらりと並ぶ高級車、一流ブランドのスーツ、時計、アクセサリ。

夜な夜な高級クラブで繰り広げられる乱痴気騒ぎに、女漁り。

スポーツ選手を拷問にかけた映像をコレクションにしたり、道行く女子高生を誘拐したり。

まさに悪魔の所業としか言いようのない蛮行の数々だった。

次第にラティフは良心の痛みに耐えきれなくなり、ついにウダイに反抗して、逃亡を試みる。

そんなラティフに対して、ウダイがとった手段は、ラティフの最愛の父に銃口をつきつけ、「自由か、父の死か」を選ばせることだった。

すべては神の御心のままに

全てを察したラティフの父親は電話口で言う。

(我々が無力で、直接手を下すことができなくても)
いつか必ず神の裁きが下る。
お前が自由を得ることで、私が死ぬことになっても、それは神のご意志だ。
インシャアッラー(すべては神の御心のままに)

キリスト教徒がそうであるように、イスラム教の人々も、イスラムの神を信じ、その大いなる知恵と導きに心を委ねて生きている。

作中でも、しばしば「インシャアッラー」という祈りの言葉が登場するが、絶対的な権力者で、悪魔のような人格をもつウダイに対し、ただ善良であるという以外、抗う術もない普通の人々が、最後に恃みとするのは、唯一、『神』のみである。

明日、自分が命をお年、悪魔のようなウダイが栄耀栄華を極めるとしても、すべては「神の御心のままに」

己の不運を嘆いたり、復讐を試みたりせずとも、すべてを神の御心に委ねれば、魂の平安を得ることができる。

一見、戦いを放棄し、開き直ったようにも見えるが、これこそ無力な人間に授けられた最高の知恵であり、無限の強さでもある。

この世のことを全て、自らの手でコントロールちようとすれば、必ず不条理に打ちのめされるからだ。

ラティフの父親も、息子に復讐の鬼となるよりは、全てを神の御心に委ね、心安らかに生きるよう願った。

良い事も、悪い事も、神のご意思であり、神が善ならば、いつか悪は滅び去るからだ。

『デビルズ・ダブル』は、悪魔のコピーになれない人間の良心の物語でもあり(ウダイの取り巻きも含めて)、その基盤となるのは、インシャアッラー(すべては神の御心のままに)の知恵である。

それが、イスラムの神であれ、キリストの神であれ、人は時に立ち止まり、大いなる存在に心を委ねてみては如何だろうか。

80年代のディスコと『You Spin Me Round』

本作で印象的なのは、80年代のディスコブームを象徴するデッド・オア・アライブの『You Spin Me Round (Like a Record)』~レコードのようにぐるぐる回してくれが効果的に使われている点。

見る人が見れば、あー、分かる、分かると膝を叩きたくなる選曲です。

ここで後に恋人となるサラブを紹介されるのだが、「ベイルート 1の女」という文句が面白い。最高の女性の形容詞が、ベイルートNo.1 かぁ~、みたいな。

ラティフは、「どんな女と遊んでもいい。だが、ウダイが本気で惚れた女にだけは手を出すな」と忠告されていたが、結局、男女の仲になる。

ちょっとばかり、お色気あり、家族愛ありで、面白い作品だと思いますよ。

初稿 2011年12月30日

デビルズ・ダブル -ある影武者の物語

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Notes of Life

正しい意見は人を安心させるが、魂までは救いません。 正しいことしか言えない人は、実は何も分かってないのでしょう。 私たちは人間の負の面を知り、寄り添うことによって、初めて人間として完成します。 光がこの世の全てではないのです。

この記事を書いた人

MOKOのアバター MOKO 著者

作家・文芸愛好家。80年代サブカルチャーの大ファン。アニメから古典文学まで幅広く親しむ雑色系。科学と文芸が融合した新感覚のSF小説を手がけています。看護師として医療機関に勤務後、東欧に移住。石田朋子。
amazon著者ページ https://amzn.to/3btlNeX

Notes of Life

自己肯定感を高めたければ、誰かの役に立つのが一番の近道です。 いきなり人の中に入るのが怖ければ、小さな鉢植えでいいので、大事に育ててみましょう。 自分みたいな人間でも必要とされていることが分かれば自尊心も高まり、自信に繋がります。
目次 🏃
閉じる