本物の自信は揺るがない ~どうすれば自分を信じることができますか

sanmarie*com 恋と女性のライフスタイル
about
人より優れているから、自信がつくのではありません。自信とは、自分の底力を信じる気持ちです。どうすれば、自分に自信をもって、力強く生きていくことができるのでしょうか。

よく勘違いされますが、『自信』と『優越感』は異なります。

優越感は、「あの人より私の方が高収入」みたいに、比較する対象に感じるものですが、自信は、自分自身に対して芽生える信頼の気持ちです。

他より劣るところはあっても、一所懸命に頑張っている自分に『良し』と言える余裕があるから、周りの評価がどうあろうと、自分を貫くことができます。

また、そうした心ばえが、周りの目には巌のようにどっしりと落ち着いて見えるんですね。

一方、優越感は、勝つか負けるかのパワーゲームなので、心が落ち着くことがありません。

自分より優れたものが現れれば、たちまち心が沈んで、怒ったり、落ち込んだりします。

そして、本当の意味で自信のある人が、羨ましく、憎らしく見えたりするものです。

本物の自信は揺るぎません。

自分で自分の価値を見出すことができるからです。

標準より太めの体型でも、毎日決まった時間にトレーニングをこなし、食事にも気を遣っている人は、痩せて自信のない人より、生き生きと輝いて見えます。

それは、自己評価の基準が、体重や体型ではなく、毎日トレーニングをこなしている自分自身の心の強さにあるからです。

常に周りと優劣を競い、他より美しければ勝ったと自信を得る人は、どれほど綺麗になっても、自分に満足することがありません。自分より綺麗な人が現れる度にイライラし、自信をなくすからです。

自信とは内なる努力の積み重ねです。

参考にどうぞ
「自信」と「優越感」は違う 人より優れることで自信を得ようとする人は多いが、他者にマウンティングすれば一生勝ち続けなければならない。それは自信ではなく、ただの優越感ではないだろうか。では、どうすれば自信を身に付けることができるのか。心のヒント集。

→ この記事はKindle版『なぜあなたの恋は上手くいかないのか』に収録されています。




以下はウェブ版のオリジナルです。参考にどうぞ

自信とは何でしょう。自分が他より秀でているという確信でしょうか。

よく勘違いされますが、自信と優越感は異なります。

自信は、自分を恃みとする揺るぎない気持ちで、優劣とは無関係です。

五番目だろうが、十番目だろうが、一所懸命な自分に満足しているので、堂々と振る舞うことができます。

一方、優越感は、常に自分より劣るものを必要とします。

誰と出会っても、競争相手にしか見えないので、心が落ち着くことがありません。

一時的に勝ったような気分がするだけで、自分より優れた人が現れれば、たちまち萎縮してしまいます。

優越感と心の強さは全く別なんですね。

自信のある人が堂々として見えるのは、他より優れているからではありません。

自分は自分。

価値判断の基準が自分にあるからです。

「綺麗な女性が一番」という価値観だと、若さと顔形でしか女性の価値を計れなくなります。

集団の中で、自分が一番若く美しい時は、自分が一番になったような気がするけれど、ミス・ユニバースのコンテスト会場に行けば、周りに引け目を感じて、羊のようにおとなしくなってしまいます。

でも、自分で自分を肯定できる人は、ミス・ユニバースの会場だろうが、ハーバード大学だろうが、堂々と対峙して、自分の意見を口にすることができます。

なぜなら、人間の価値は、顔形や成績で決まらないという心の軸があるからです。

では、どうすれば自分を信じることができるのでしょうか。

基本は、小さな成功体験の積み重ねです。

日々の食事に気をつけ、毎日ストレッチ体操を続ける女性と、豪華に着飾ることで美しく見せようとする女性の違いです。

たとえお腹が出ていても、高級仕立てのドレスを身につければ、体型の悪さはカバーできるでしょう。

有名ブランドであれば、皆が「凄い」と褒めてくれるでしょう。

でも、ドレスを脱げば、「お腹の出た私」です。

強い意志を持って、体型維持に努めている女性とは大違いです。

ダイエットやトレーニングに努力している女性は、努力している自分に自信があるので、高級ドレスを身につけなくても、いつも堂々としていられるんですね。

自信は、人より優れているから、身につくのではありません。

がんばる自分をどれだけ信じることができるかです。

自分より劣るものを餌にすることで、強くなったような気持ちになる優越感とは大違いです。

目次
閉じる