愛や生命の誕生を祝おう ~始まりには助走が大事

愛や生命の誕生を祝おう ~新しい始まりの予感を感じている人へ
  • URLをコピーしました!
目次 🏃

新しい始まりの予感を感じている人へ

このページを開いたあなたには、いま、何か新しい始まりの予感があります。

あなたに「誕生」が近づいているのです。

「誕生」の意味は、文字どおりに受け取ってください。新しい生命がすでにあなたの中に宿っているのです。もしかすると、ちょうど生まれたばかりのところかもしれません。

いずれにしろ、いま、新しい生命の光が、あなたのすぐそばで輝いているのです。あなたと彼との関係が結婚という結びつきになろうとしているのかもしれません。もしかすると、新しい恋人との出会いが近づいているのかもしれません。

恋をしたいと願っているあなたには、朗報です。これから素敵な男性が目の前に現れて、きっと新しい恋が始まります。どうぞ楽観的になってください。

ただし気をつけてください。新しい生命、すなわち赤ちゃんの誕生のあとには、必ず「乳児期」と「幼児期」が訪れます。生まれたばかりの生命は、傷つきやすく弱いものです。きちんと栄養を与え、世話をし、庇護してあげなければ、死んでしまいます。それと同様に、いったん新しい愛が生まれたら、大切に慈愛を込めて育んでいかなければなりません。新しい生命と同様に、新しい愛は弱いものです。それだけは十分気をつけてください。

また「誕生」と同時に、あなたに再生の機会も訪れます。いまならもう一度、新しいやり方でやり直すことができるのです。再出発するチャンスがやってきたのです。

自分の夢に気持ちを集中させ、ほんとうに自分がしたいことを、よく考えてください。やりかけの仕事を見直し、新しいことに積極的に挑戦してください。いまは可能性を育むときなのです。自分に正直になりさえすれば、いま、あなたはどんなことでもなし遂げることができるのです。

とにかくいまは、気を楽に持って穏やかに過ごしましょう。そして、周囲の応援や好意を素直に受け入れてください。

誕生したばかりの新しい生命は、一人で育つことはできませんし、また何より孤独を嫌います。

家族や友人を集めて、みんなで誕生を祝ってください!

出典 : 愛や生命の誕生を祝おう ~新しい始まりの予感を感じている人へ 『恋に揺れるあなたへ 56の処方箋』より

【コラム】 始まりには助走が大事

新しい恋。

新しい仕事。

新しい人生。

誰もが新たな始まりに期待を寄せて、今か、今かと待っていると思います。

しかしながら、ひな鳥も誕生の前には全力で殻を突いて破るように、楽して生まれるものはありません。

すべての始まりには、長く、苦しい助走がつきもの。

時には、何年、何十年と助走が続くこともあります。

しかし、高く飛ぶには、長い助走が必要なように、それに耐えて、力を蓄えた人だけが、障害を乗り越えて、新しいステージに進むことができます。

たとえ、望むような始まりはなかったとしても、高いハードルを飛び越えるために蓄えた力は、きっと何かの役に立つのではないでしょうか。

また、誕生したものが一人前に育つには、これまた長い時間がかかります。

もしかしたら、助走より、もっと長く、苦しい戦いかもしれません。

しかし、全力で育むからこそ、人生もいっそう意義深いものになります。

愛の深さと苦労の重さはいつだって表裏一体なのです。

Birth あなたから生命を与える

この章の原題は、Birth です。

birth には、「誕生」「出産」「始まり」「生まれ」といった意味があります。  [リーダーズ英和辞典第5版]

興味深いのは、「子供を産む」は、 She gives birth to a baby のように、「赤ちゃんに誕生を与えた」という使い方をする点です。

これは子供に限らず、作品や仕事も同様ですね。

デッサンにデッサンを重ねて、ようやく一枚の絵を完成させる喜びは、まさに give birth (誕生を与える)

あなたが新たに生まれ変わるのではなく、あなたが生命を与えるのです。

棚からぼた餅を待っていても、何も始まりません。

やりたいことがあるなら、今日からでも始めましょう。

誰かにこっそり教えたい 👂
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次 🏃