自分に自信がもてない理由 ~あなたに魅力が無いからではなく

sanmarie*com 恋と女性のライフスタイル
about
顔も綺麗で、性格もよくて、仕事も完璧でも、愛されるとは限りません。人が人を愛する気持ちと人物評価はまったく別だからです。愛の本質は赦しであり、理屈ぬきのいとしさです。人は欠点ゆえに愛されるのです。
目次

自分に自信がもてない理由

自分に自信がもてない人は、他人に愛されることが、どういうことか分かっていません。

それは、あなた自身に見る目がなく、格好いい人や偉い人しか好きになったことがないからです。

芸能人は尊敬するけど、毎日、職場で清掃している人は何とも思わない。むしろ、やって当然。頭が悪いから、あんな底辺の仕事をしていると見下していませんか?

いつも他人の言動に目を光らせ、上だの、下だの、品定めしていると、自分で自分の欠点が許せなくなって、ますます自信がもてなくなります。

たまに他人に褒められて、自信を得ても、もっと凄い人を見ると、たちまち自信をなくすのは、自信と優越感を履き違えているからです。

自信が欲しければ、ありのままの自分を受け入れることから始めましょう。

そして、何が本当に優れて、何が間違いなのか、正しく見抜く目を持ちましょう。

自分の中に確たる尺度がなければ、人が凄いと評価するものを凄いと思い、それ以外のものは無価値と決め付けてしまいます。

そして、それを自分自身にも向けるから、常に他人と見比べることでしか、自分の価値を計れなくなるのです。

世の中には、誰に認められなくても、大勢にちやほやされなくても、優しい友人や家族に囲まれて、幸せに暮らしている人が大勢います。

平社員だからといって、自分で自分を卑下したり、不幸に感じることもありません。何故なら、ありのままの自分を愛されて、そこに居る実感があるからです。

自信は、他人に与えられるものではなく、自己の内側からやって来るものです。

→ この記事はKindle版『なぜあなたの恋は上手くいかないのか』に収録されています。




以下はウェブ版のオリジナルです。参考にどうぞ

自分に自信がもてず、「私はダメだ」と思い込んでいる人は、魅力がないからダメなのではなく、愛することも、愛されることも、どういうことか分かってないのではないでしょうか。

愛は、好意でもなければ、憧れでもありません。

恋とも違います。

顔が可愛いとか、性格が明るいといった美点は、人を惹きつけるポイントになっても、それ自体が愛される理由にはならないからです。

それは、あなた自身が誰かを本当に愛したら、はっきり分かるはずです。

愛の本質は、『理解』と『許し』だということが。

自分に自信がもてないあなた。

あなたは自分の弱点や欠点が暴かれ、人に侮られることを恐れていませんか?

みんなが自分の駄目なところを見たら、きっと馬鹿にして去って行くと思い込んでないでしょうか。

ところで、あなたの友だちは、完璧な人ですか?

短気なところもあるし、価値観も違うけど、「仕事を頑張っている」とか「思いやりがある」といった、心引かれるものがあるから、いつも一緒に居るのではないでしょうか。

だとしたら、あなたも同じです。

あなたを愛してくれる人は、あなたの繊細なところも、不器用なところも、何もかも分かった上で、受け止めてくれるはずです。

愛を掴みたければ、もっと素直に自分を出しましょう(自己開示)。

同じように、相手のことも受け入れましょう(受容)。

ありのままの自分を許し、周りも受け入れることができれば、あなたも人を恐れることなく、自分という人間に対する信頼も生まれます。

これが『自信』です。

自信というのは、周りの評価によって得るものではなく、自分を見つめ、受け入れる勇気が与えてくれるのです。

目次
閉じる