法と支援の狭間 甘くない現実と愛を描く映画『チョコレートドーナツ』

法と支援の狭間 甘くない現実と愛の映画『チョコレートドーナツ』
記事について

歌手のルディは母親に置き去りにされたダウン症の少年マルコの監護者となり、恋人ポールと一緒に世話をするが、同性愛が発覚し、マルコと引き離される。法の狭間で翻弄される少年マルコの悲哀と、チョコレートドーナツが意味する社会的無関心について解説。劇中で効果的に使われるフランス・ジョリの『Come to Me』の日本語訳と動画を紹介。

目次 🏃

法と支援の狭間を描く映画『チョコレートドーナツ』

チョコレートドーナツ(2012年) - Any Day Now (今すぐに、いつでも。少年マルコに対するルディの心情を表す。ゲイであることを、ひた隠して生きるポールに対しても同様)

監督 : トラヴィス・ファイン
主演 : アラン・カミング(ルディ)、ギャレット・ディラハント(同性愛者の検事ポール)、アイザック・レイヴァ(ダウン症の少年マルコ)

チョコレートドーナツ(字幕版)
チョコレートドーナツ(字幕版)

あらすじ

ショーパブで女装して歌うルディは、心の優しい同性愛者。ある晩、ハンサムな検事局のポール・ブラガーと恋に落ち、車の中で関係をもつ。
そんなルディの隣人で、薬物依存症でもあるシングルマザーのマリアンナは、ダウン症の少年マルコを部屋に置き去りにして外出。その日のうちに逮捕され、刑務所に送られる。
ルディはポールと相談してマルコの監護者となり、三人は幸せに暮らし始めるが、彼らが同性愛者であることが発覚すると、ポールは社会的信用を失い、マルコとも引き離される。
マルコの身を案じるルディは、ポールと共に家庭裁判所に訴えるが、母親のマリアンナが釈放と引き換えに司法取引に応じたことから、マルコは母親の元に送り返され、ネグレクトが繰り返される。マルコは家を出て、ルディとポールの所に行こうとするが、待ち受けていたのは悲しい結末だった……。

見どころ

私が好きな映画の中でも、ベストテンに入る良作。

同性愛者がどうのこうの、という触れ込みに加え、日本版の予告も妙にエモーショルなので、「どうぜ説教くさいLGBT系の映画だろう」と思っていたら、それはあくまで設定の一部であり、本質は、児童福祉の欠陥を描いた社会派ドラマだった。

裁判所の言い分を聞いていると、あまりの融通のなさに怒りさえ覚えるが、福祉の側から見れば、駄目なものはダメと、線引きせざるを得ない事情は理解できる(私も元は医療者なので)。

それにしても、もう少し少年に配慮できなかったのかと、見終わった後ももやもやするが、妙に話を盛るのではなく、極めて現実に即した脚本になっている点が本作の見どころかもしれない。

説教じみた社会派ドラマが苦手な人も、LGBT系には苦手な方も、きっと心を動かされるヒューマンドラマである。

予告版はオリジナルの方が良質。

支援は善意だけで成り立たない

社会問題が起きると、世間はすぐ「支援、支援」と合唱するが、社会的支援はそう単純なものではない。

財源も必要なら、人手も不可欠。

施設の確保に手間取ることもあれば、法の壁に躓くこともある。

実際に、支援の場で、いろんな問題を目にすると、『やる気』と『善意』だけで物事は解決しないと痛感させられる。

2012年、「泣ける映画」として封切られ、多くの観客の胸を打った映画『チョコレートドーナツ』(原題 Any Day Now)も、現実と支援の限界について考えさせられる作品だ。

現場を知らない者が見れば、「裁判官は人情を理解しない、ひどいヤツ」「本人の望むままにすべき」という感想になるだろうが、支援する側から見れば、本人の希望だけで、どうこうできる問題ではないことが分かる。

何故なら、一つの例外を許せば、その他のケースについても融通しなければならないからだ。

たとえば、貧困家庭に同情して、窓口の係員が自分の財布から千円札を手渡し、「これで牛丼でも食べて下さい」と言えば、美談の人助けだ。

たとえ一時の空腹が満たされ、生きる気力が湧いたとしても、一人の職員がそういう事をしだすと、あの人にも、この人にも、食事代を手渡さなければならなくなる。

「Aさんは良くて、なぜ私はダメなんだ」という不満が必ず出てくるからだ。

どれほど気の毒でも、「駄目なものはダメ」「出来ないことは、出来ない」

確固たる線引きがあるから、万人に、平等に、支援が行き渡るのであって、例外的な処遇はかえって不満を増長し、現場を混乱させるものだ。

ゆえに、本作の裁判官も、憎らしいほど合理的だし、最後まで情に流されることなく、法に則って裁量を下す。

実の母が「一緒に暮らしたい」と言えば、たとえ薬物依存の虐待親でも、引き留めることは出来ないし、ゲイカップルが少年をどれほど愛そうと、法的には何の効力もない。

誰をも幸せにしない法とは一体、何なのか。

少年が不幸になっても、法は愛より優先すべきものなのか。

恐らく誰にも答えることはできない。

何故なら、法を無視することは、社会に背くことであり、社会に背く行為は、支援とは言えないからである。
(喩えるなら、Aさんが可哀相と、勝手に市の予算から見舞金を引き出して、無償でプレゼントするようなもの)

じゃあ、どうしたらいいの?

本作では、最悪の結末を迎えたが、もう少し時間があれば、他の救済策を考えることもできたと思う。

たとえば、毎日少年と面会するとか、通学支援をするとか。

あの手この手で救済策を考えるのが福祉の専門家であり、福祉こそ創造性が必要と言われる所以である。

裁判において、ポールが激昂する、

この少年を、法の隙間に陥らせてはなりません。

法は個人の裁量で動かせないが、法の隙間に手を差し伸べることはできる。

今の世の中に必要なのは、人に対する想像力と、「無理」を一歩越える勇気ではないだろうか。

なぜ少年はチョコレートドーナツが好きなのか

初めて、ルディ、ポール、マルコの三人でディナーを楽しんだ時、マルコはポールが調理したラザニアではなく、ドーナツを欲しがる。

ルディは、「ダメよ、ドーナツなんて」と咎めるが、ポールは(激甘の父親みたいに)「たまに一つ食べるくらいなら平気だよ」と、マルコにドーナツをすすめる。

美味しそうにドーナツを頬張るマルコを見て、日頃の食生活が頭に浮かんだ視聴者も多いのではないだろうか。

薬物依存で、貧困のシングルマザーでもあるマリアンヌは、料理するのも面倒で、マルコがお腹が空いたと言えば、そのへんのスーパーで買ってきた袋入りドーナツをぽんと与えていたのだろう。

実際、ルディとポールがマルコを病院に連れて行くと、健康面について、まったく配慮がされてない事実が明らかになる。

いわば育児放棄だ。

しかし、母のマリアンヌにも言い分はある。

どういう経緯で薬物依存のシングルマザーに陥ったのか、作中では何も語られないが、「ダウン症の子供が生まれた」→「夫の無理解から夫婦仲が険悪になり、離婚」→「母親が一人、取り残され、生活も手立てもなく、精神的苦痛を紛らわせるためにドラッグに手を出すようになる」→「ますます気力を失い、育児放棄」といった様子が目に浮かぶ。

問題は、そこに至るまで、何の社会的支援も得られなかった、ということだ。

マリアンヌが医療福祉に全く無知・無関心だった理由もあるかもしれないが、精神的苦痛から、支援にも背を向け、だんだん社会的に孤立していった背景もあると思う。

いずれにせよ、ダウン症の子供を抱えた貧しいシングルマザーに支援の手が差し伸べられることはなく、ここにも社会の無関心や法の狭間を垣間見ることができる。

いわば、「チョコレートドーナツ」は、社会全体の育児放棄の象徴だ。

マリアンヌを『駄目な母親』と断罪するのは簡単だが、駄目な母親の側には「子を捨てた父親」が存在するわけだから、彼女一人を責めるわけにはいかない。

留置所を訪ねたルディが「マルコの世話をしたい」と申し出た時、マリアンヌが尋ねる。「お金はいるの? タダで見てくれるの?」

マリアンヌも、今まで無償で誰かに助けてもらったことがないのだろう。

食生活を見れば、その人の暮らしや価値観の全てが分かる。

本作のチョコレートドーナツはちっとも甘くなく、大人社会の身勝手と無責任の現れでもある。

フランス・ジョリ『Come to Me』について

日本語訳と動画

本作で効果的に使われている『Come to Me』は、1963年生まれのカナダの女性歌手、フランス・ジョリのヒット曲だ。

Wikiによると、1979年9月22日、ビルボード誌のHot Dance Club Playに3週間にわたってランク入りし、最高15位まで達成した。

作中、ルディ(アラン・カミング)が歌うバージョンは二種類あり、一つ目は、ルディがドラッグクイーンに扮してショーパブのステージで歌うディスコ・ナンバー。

もう一つは、ルディ、ポール、マルコの三人で幸せに暮らす様子を、昔の8ミリ映画風に演出する中で、BGMとして流れるバラード調のアレンジだ。

Come to Meの日本語訳は次の通り。(字幕版より引用)

私のところへ来て
世界が冷たく 空っぽに思えたら

私のところへ来て
抱きしめて欲しい時

私のところへ来て
温かい腕で守ってあげる

私のところへ来て
嵐を遮る楯になる

嘘なんかじゃない
なぜ分かってくれないの

愛してる 愛してる
あなたが必要
あなたが欲しい

愛してる 愛してる
あなたが必要
あなたが欲しい

Come to me
When you're all alone and feelin' down
Come to me
When there's nobody else around
Come to me
I'm still waiting open-armed for you
Come to me
'Cause I will comfort you
When you've no one to turn to
I will be here just for you...

I'm a lonely man
Living in a world of dreams
I've got everything
But the one thing that I really need...

こちらがフランス・ジョリの歌唱。出だしはスローテンポ、途中でアップテンポに変わるところが、いかにも70年代ディスコ。ドナ・サマーの楽曲によく似ている。

エンディングに歌われる『I Shall Be Released』も素晴らしい。
ルディは、マルコと一緒に作ったデモテープが認められ、ナイトクラブで歌うようになる。

【音楽コラム】 夜の都会にこだまする『Come to Me』 と人間の淋しさ

誰しも自分が孤独であるなど、決して口にできないものだ。

いや、認めることさえ厭う人間が大半かもしれない。

車の中からゲイバーを遠目に眺める検事のポール・ブラガーも同様。

同性愛者であることを自覚し、心から愛し合えるパートナーを求めながらも、店に入るのは躊躇する。

それでも歌声に引かれて、ゲイバーの扉を開いてみれば、魅力的なドラッグクイーンが彼の心を誘う。

ドラッグクイーンに扮してショーパブで歌うルディ

一人ぼっちで淋しい時は、私の所に来て。
周りに誰もいない時は、私の所に来て。
私は手を広げて待っているから、私の所に来て。
私なら慰められる
帰るべき相手を持たないならば、私の所に来て
私はあなたの為にここに居る。

僕は淋しい男 夢の世界に住んでいる
僕は全てを手に入れた 自分が本当に欲しいもの以外は……。

物語は1970年代。まだ同性愛者に対する世間の目は厳しく、カミングアウトなど言わずもがな。
同性愛者であることが職場にばれたら、仕事も人間関係も失われる。当時は、社会的に死刑宣告されるも同然だったろう。
だが、人が人を求める気持ちに異常も正常もない。
わかってくれる誰かを探して、夜の町を彷徨い歩くすべての人にフランス・ジョリは呼びかける。

あなたの周りに誰もないなら、私の所に来て。
両手を広げて待っているから。

それは母親に棄てられたダウン症の少年マルコも同じこと。
薬物中毒のマリアンナは、息子の世話もろくにせず、日がな一日、大音量でロックを流し、ドラッグに耽っている。
母親が逮捕され、一人ぼっちになってしまったマルコに救いの手を差し伸べたのは、ゲイカップルのルディとポールだった。

だが、二人がいかに大切に育てようと、社会的に到底認められるものではない。
ただただ『不適切』というだけで家庭裁判所に引き離され、薬物中毒の母親の元に送り返されたマルコは、愛する”両親”の姿を求めて、夜の町を彷徨い歩く。

こちらのビデオは、本物の歌手を目指して、デモテープを制作するルディが歌うスローバージョンの『Come to Me』。
ホームビデオ風の演出で、三人の幸福な暮らしが垣間見える。
この後、物語が急展開するだけに、切なさもひとしお。

なぜ愛する者同士が一緒に暮らせないのか。
同性愛者というだけで、否定されねばならないのか。

法というのは例外を認めたがらないものだと、つくづく。

フランス・ジョリの歌はSpotifyでも聴けます。

ブルーレイについて

本作は、吹替えも秀逸。

内田夕夜(=ルディ)と、てらそままさき(=ポール)、両氏の名前は初めて知ったのですが、お二人とも非常に上手で、声を聴いているだけで癒やされます。

ゲイ役といえば、妙にしなを作って、女言葉を強調する方もありますが、内田さんの演技はとても自然で、まったくいやらしさを感じさせません。

ポール役のてらそま氏も、一言一言が丁寧で、法律家の義心を感じさせる演技でした。愛の場面もムードたっぷりで♪

映画自体は本当に素晴らしいとしか言い様がない。

いずこの世に限らず、犠牲になるのは『子供』です。

主張することも、選ぶことも、生活を立てることもできず、大人の勝手な都合に振り回されて、傷つく。

甘ったるい邦題とは裏腹に、苦々しさが残る。

優しいながらも、重い映画です。

[おトク値!]チョコレートドーナツ[Blu-ray]
[おトク値!]チョコレートドーナツ[Blu-ray]

初稿 2017年1月24日

誰かにこっそり教えたい 👂

Notes of Life

自己肯定感を高めたければ、誰かの役に立つのが一番の近道です。 いきなり人の中に入るのが怖ければ、小さな鉢植えでいいので、大事に育ててみましょう。 自分みたいな人間でも必要とされていることが分かれば自尊心も高まり、自信に繋がります。

この記事を書いた人

作家・文芸愛好家。80年代サブカルチャーの大ファン。アニメから古典文学まで幅広く親しむ雑色系。科学と文芸が融合した新感覚のSF小説を手がけています。看護師として医療機関に勤務後、東欧在住。石田朋子。amazonの著者ページ https://amzn.to/3btlNeX

Notes of Life

最初から日の当たる場所で歩き始める人はいない。 皆に理解されながら物事を始める人も。 始める時は、いつも一人。 考えるのも、一人。 行うのも、一人。 だからこそ達成の悦びもひとしおなのです。