好きなアルファベットは何ですか? 言葉こそ世界の扉

桜 樹木
目次 🏃

好きなアルファベットは何ですか? 言葉こそ世界の扉

皆さんには好きなアルファベットがありますか?

映画「フィフス・エレメント」では、主人公のブルース・ウィルスが、地球を救う“至高の存在”、美女リールーに「地球の歴史をどこまで学んだ?」と尋ねるシーンがあります。

リールーが、「『V』まで」と答えると、「ああ、『V』はいい。いい言葉がたくさんある。Victory、Vintage、Very Beautiful……」と彼は答えます。

映画の見所はたくさんありますが、一番印象に残ったのがこの会話でした。

言葉に興味を持ち始めた子供が《あいうえお積み木》を片手に、「アサガオの『あ』、イヌの『い』……」と文字を覚えていく過程を思わせるからです。

幼い子どもにとって、言葉は、最初は無意味な文字の羅列でしかないけれど、やがて意味を成し、その一つ一つを手がかりに世界を知っていきます。

三重苦のヘレンが「Water」から全てを理解したように、言葉こそ知恵の扉、そして人類の英知の結晶です。

好きなアルファベットは何ですか、と聞かれたら、私は迷わず『L』と答えます。

『L』には、いい言葉がたくさんあります。

Life、Lord、Laurel、Light、Lady、Liberty、Luna、Love。

ちなみに、ドイツの人文学者J・G・ヘルダーの墓碑銘には、

Licht (リヒト:光) Liebe (リーベ:愛) Leben (レーベン:命)

と刻まれているそうです。

初稿:99/04/19(月)

桜 樹木

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Notes of Life

『夢を叶えたい』という人はたくさんいます。 でも、その為に行動する人は少数です。 人生は夢を叶える過程そのもので、夢そのものが人生の目的ではないです。 どんな夢を見ようと、 どんな夢を叶えようと、 人生の最後に残るのは、「自分が何を為したか」という思い出だけです。

この記事を書いた人

MOKOのアバター MOKO 著者

作家・文芸愛好家。80年代サブカルチャーの大ファン。アニメから古典文学まで幅広く親しむ雑色系。科学と文芸が融合した新感覚のSF小説を手がけています。看護師として医療機関に勤務後、東欧に移住。石田朋子。
amazon著者ページ https://amzn.to/3btlNeX

Notes of Life

自己肯定感を高めたければ、誰かの役に立つのが一番の近道です。 いきなり人の中に入るのが怖ければ、小さな鉢植えでいいので、大事に育ててみましょう。 自分みたいな人間でも必要とされていることが分かれば自尊心も高まり、自信に繋がります。
目次 🏃
閉じる