【11】『どうしてこんな人間が生きているんだ!』 なぜゾシマ長老は大地に頭を垂れたのか

カラマーゾフの兄弟 ドミートリイ なぜこんな人間が生きてます?
  • URLをコピーしました!
記事について

本作屈指の名場面。ドミートリイはなぜ「こんな人間が生きているんだ」と嘆き、ゾシマ長老は「お赦しくだされ」と彼に頭を下げたのか。その後の悲劇を示唆する内容で、非常にドラマティックな一幕の解説しています。

『カラマーゾフの兄弟』 第1部 第Ⅱ編 『場ちがいな会合』 (6) どうしてこんな人間が生きているんだ!
目次 🏃

どうしてこんな人間が生きているんだ!

【10】 キリスト教徒の社会主義者は無神論者の社会主義者より恐ろしい ~ゾシマ長老とイワンの問答よりの続きです。

『場ちがいな会合』(長男ドミートリイと淫蕩父フョードルの金銭問題を解決する為の話し合い)で、父の醜態に愕然としたドミートリイが口にする、

こんな男がなぜ生きているんだ!

は文学史上に残る名台詞だと思います。

ちなみに、この台詞は、原卓夫・訳による言い回しで、江川氏の訳文では、「どうしてこんな人間が生きているんだ!」になっています。

参考 ⑤ こんな男がなぜ生きているんだ! ドミートリイと父の確執《カラマーゾフ随想》原卓也訳

私がこの台詞に心惹かれるのは、ある人物に対する怒り、憎しみ、不信、失望を全て煮詰めて、ひと言で表せば、上記の言葉になると思うからです。

通常、嫌いな人間には、「お前なんか、嫌いだ!」と言うし、存在そのものが邪悪な場合は「消えろ!」と言うでしょう。

でも、ドミートリイの父に対する気持ちはもっと複雑で、決して父親の死まで願ってはいません。

こんな人間が自分の父親と思うと、情けないほどの絶望感です。

この台詞を口にする、第二章・第六節『どうしてこんな人間が生きているんだ!』は、ドミートリイの人物描写、イワンの葛藤、屈折した親子関係、金銭問題をいっそう複雑にしている、二人の女性(情婦グルーシェンカと婚約者の令嬢カチェリーナ)の存在と悲劇の予感、長老ゾシマの慈愛と人類に対する願いが、わずか数ページの中にドラマティックに描かれており、世界文学においても屈指の名場面です。

ドミートリイという男 ~本当に父を憎んでいたのか?

長男ドミートリイと父のフョードルは、三千ルーブリの大金と、情婦グルーシェンカの愛をめぐって、激しく対立します。

ドミートリイは資産家の父から三千ルーブリの大金を貰い受ける権利があると勘違いし、フョードルは反抗的な長男にビタ一文払う気はありません。

しかも、『いかがわしい女』と悪名高い情婦グルーシェンカを親子で取り合いし、目も当てられないほどです。

そうした親子の醜い争いの調停をかってでたのが、高僧のゾシマ長老です。

長老は僧院にカラマーゾフ一家と親戚のミウーソフ、神父らを招いて、家族会議を開きます。

ところが、下品な田舎オヤジのフョードルは、ここでも神父らを揶揄し、険悪な雰囲気になったところで、ドミートリイが遅刻してやって来ます。

ドミートリイの人物描写 ~短気と腕っ節

ドミートリイ・フョードロヴィチは、とって二十八歳の中背の青年で、感じのいい顔だちをしていたが、年よりはずっと老けて見えた。筋肉質で、並々ならぬ腕力の持ち主と察せられたら、そのくせ顔つきにはどこか病的なところがあった。

顔は痩せすぎで、頬はこけ、顔色がまたなんとも不健康な黄味をを帯びていた。いくらか飛び出した感じのかなり大きな黒っぽい目は、一見、なにかを執拗に見詰めているふうだったが、それでいてどことなく定まらない感じがあった。

興奮して、いらだたしげに話しているときでさえ、その眼差が、内診の動きについて行かず、なにやら別の表情、いや、どうかすると、その場にまったくそぐわない表情を見せることもあった。『何を考えているのかわからない男だ』とは、彼と話した人がときとしてもらす評言であった。

≪中略≫

この町の治安判事セミョーン・イワーノヴィチ・カチャーリニコフがある集まりの席でいみじくも言いあてたように、《常識はずれの衝動的な性格》の持主であった。

彼はフロックコートのボタンをきちんとかけ、黒手袋をはめ、シルクハットを手にもって、非の打ちどころのないシックな身なりで入ってきた。

最近退役したばかりの軍人らしく、口ひげだけを生やし、顎ひげのほうはいまのところ剃り落としていた。深い亜麻色の髪は短く刈りこまれ、こめかみのあたりだけがいくぶん前のほうに梳かしつけてあった。

歩きつきも軍隊式の、てきぱきした大股の足どりだった。戸口でちょっと立ちどまって、ひとわたり一同を見まわすと、この人がこの場の主人だと見きわめをつけたらしく、つかつかと長老のほうへ向かった。深々と頭をさげて、彼は祝福を乞うた。

長老はなかば立ちあがって、彼に祝福を与えた。 (P.86)

『カラマーゾフの兄弟』は推理小説の側面を持ち合わせ、ここでも『父親殺しの犯人』を仄めかす描写がなされています。

「並々ならぬ腕力の持主」「常識はずれの衝動的な性格」……

勘のいい読者なら、カッとなって、父親を撲殺する場面を思い描くのではないでしょうか。

「この町の治安判事」のコメントも織り込まれているのが伏線で、ここだけでも、先の悲劇を予感させる内容に仕上がっています。

また、「黄味を帯びた肌色」「いくらか飛び出した感じの、大きな黒っぽい目」というのは、肝臓が悪い=酒の飲み過ぎ=自堕落な暮らしを想起させ、傍から見ても『何を考えているのかわからない男』という描写は、自分で自分の感情を上手く処理することができず、カッとなると、何をするかわからない気質を物語っています。
(参考 『どうしてこんな人間が生きているんだ!』 なぜゾシマ長老は大地に頭を垂れたのか(11)

付き合ってみれば楽しいのかもしれませんが、現実生活では、あまり関わりたくないタイプですね。

どうしてこんな人間が生きているんだ ~父子を惑わす二人の女 カチェリーナとグルーシェンカ

そんな息子と淫蕩父の間には、『淫売』と呼ばれるグルーシェンカがいて、問題をいっそう複雑にしていました。

ドミートリイは、「高潔このうえない令嬢」と讃えるカチェリーナという婚約者がありながら、町の裕福な商人の囲われ者である情婦グルーシェンカに恋をし、息子と同じように、グルーシェンカの色香に惑わされた父フョードルと、その愛を争っているのです。

これは単なる金銭問題ではなく、痴情のもつれであり、男のメンツをかけた戦いでもあるんですね。

しかし、フョードルは息子と正面から向き合おうとせず、嬲り、おちょくり、令嬢カチェリーナまで笑いものにします。

粗野な性格ながら、一方で、品性も持ちあわせるドミートリイは父の暴言に愕然とし、「どうしてこんな人間が生きてるんだ」と怒りを露わにします。

ドミートリイはすさまじく眉をひそめ、なんとも言いあらわしようのない軽蔑の色を浮かべて父親のほうを見やった。

「ぼくは考えていたんです……考えていたんです」

彼はなぜか控え目な低い声で言いだした。

「ぼくの魂の天使ともいうべきフィアンセといっしょに故郷に帰ったら、親父の老後を大事に見てやろうって。ところが来てみると、親父は手のつけられない色気ちがいで、卑劣きわまりない道化役者なんですからね!」

「決闘だ!」ぜいぜい息を切らし、ひと言しゃべるごとに唾をはねとばしながら、ふたたび老人が金切り声をあげた。

「ところでね、ミウーソフさん、ぜひ心得ておいていただきたいが、ひょっとしたら、あなたの血統には・・ ≪中略≫ 

それから、ドミートリイさんよ、あんたもやはりあの《淫売》に婚約者のお嬢さんを見替えたところを見ると、あんたの婚約者もあれの靴の裏にも及ばない女だと考えたわけだろうが、さよう、あの淫売はそういう女なんでさあ!」

「恥ずかしいことだ!」

ヨシフ神父が突然口をすべらした。

「恥ずかしい、けがらわしいことです!」

終始無言でいたカルガーノフが、ふいにまっ赤になり、少年らしさの抜けきらぬ声を興奮にふるわせて叫んだ。

どうしてこんな人間が生きているんだ!

怒りのためにほとんど前後を忘れたようになって、ドミートイリがうつろな声で呻くように言うと、なにか奇妙なほど両肩をそびやかせたので、まるで猫背のような格好になった。

「いや、教えてください、こんな男がこのうえ大地を汚すのを、許しておいていいものでしょうか」

彼は老人を指さしながら、一同の顔を見わたした。彼のもの言いはゆっくりとしていて、よどみがなかった。

「お聞きになりましたか、お聞きになりましたか、お坊さん方、この父親殺しの言うことを」

フョードルはヨシフ神父にくってかかった。

ドミートリイがフョードルの老後の面倒を見るつもりでいたとは、なかなか衝撃的だし、「こんな人間がなぜ生きているんだ」という台詞も、決して憎悪ではなく、「こんな下劣な人間が自分の父親である」という不条理への怒りという感じです。

しかしながら、「こんな人間がなぜ生きているんだ」のひと言は、あたかも父の死を願い、自ら手を下すと謂わんばかりで、当時、新聞の連載小説としてリアルタイムに読んでいた人にしてみたら、「いつか父親殺しが起きるぞ!」とハラハラしたことでしょう。

現代の読者は忘れがちですが、『カラマーゾフの兄弟』は、連載小説として書き始めたものです。

そういう視点で見ると、全編の至るところに、読者の気を引く為の伏線が張られていることが分かると思います。(次回をお楽しみに!)

さらにフョードルの発言は、イエス・キリストの性愛にまで及び、(作中では「キリストはそのような愛ゆえに許されたのではありません」と表される)、僧侶に対する嘲弄へとエスカレートします。詳しくは後述の注釈「多く愛せり」をご覧下さい。

カラマーゾフの兄弟 フョードル その要塞を黄金のカギでこじ開けようとしてるのです

カラマーゾフの兄弟 ドミートリイ 私のいる前であの娘を辱めなさんな

お赦しくだされ! 何もかもお赦しくだされ! ~ゾシマ長老の祈り

フョードルの嘲弄はさらにエスカレートして、神父や修道僧にも向けられます。

(ヨシフ神父に対して)「あなたの『恥ずかしいことだ』への返答がこれですよ! 何が恥ずかしいことです? あの《淫売》、あの《いかがわしい女》はですね、ひょっとしたら、ここで行いすましておられるあなた方、お坊さま方より、ずっと神聖なのかもしれませんですよ! 若いころに、環境にむしばまれて、堕落したかもしれないが、しかし『多く愛せり』「ルカ福音書」第七章四十七節ですからね、多く愛した女はキリストさまだってお許しになったんだ……」

「いいや、そのような愛のためですとも、例のあのほうの、お坊さん方、あっちのほうの愛のためなんでさあ! あなた方はここでキャベツ汁をすすって行ないすまして、それでもう神に仕える心ただしい人だと思っていなさる! 小指みたいな”すなむぐり”を食されて、一日にすなむぐり一本あてで、そのすなむぐりで神さまを買収しようってお考えだ!」 ← めちゃ下品

「あんまりだ、あんまりだ!」の声が、庵室の四方から起った。

しかし、醜悪の極にまで達したこの一幕は、まったく思いもかけない形で中断された。

長老がふいに席を立ったのである。

長老の身の上を思い、一回のことを思って、恐ろしさにほとんど度を失っていたアリョーシャは、それでもどうにか長老の片手を支えることができた。

長老はドミートリイのほうへ向かって歩きだし、そのすぐ前まで行くと、いきなり彼の前にがっくりとひざまずいた。

アリョーシャは、長老が力つきて倒れたのかと思ったが、そうではなかった。長老はひざまずいたまま、ドミートリイの足もとへ礼式どおりの深々とした叩(こう)頭(とう)をした。

それは明らかに意識的なもので、その額が床にふれさえしたほどであった。アリョーシャはすっかり驚いてしまって、長老が立ちあがろうとしたとき、手をかすのも忘れていた。

長老の口もとに弱々しい微笑がかすかに浮かんだ。

お赦しくだされ! 何もかもお赦しくだされ!

客人たちに向かって四方に会釈しながら長老は言った。

ドミートリイは、難病かのあいだ、雷にでも打たれたように棒立ちになっていた。――おれの足もとに叩頭するなんて、いったいなんのことだ? 

だが、次の瞬間、いきなり「ああ、だめだ!」と一声叫ぶと、両手で顔をおおって、いっさんに外へ走り出た。

そのあとを追うようにして、ほかの客たち一同も、狼狽のあまり、長老にいとまを告げ、会釈するのも忘れて、どやどやと部屋から出て行った。

二人の修道司祭だけが、祝福を受けるためにもう一度長老のそばへ歩み寄った。

原卓也・訳では、「赦しておあげなさい! すべてを赦すことです!」になっています。

原卓也・訳の解説でも書いているように、ドミートリイ、しいては、人類全体の苦悩に対して、救われる道は「赦し」しかありません。

「赦し」の感情は、キリスト教の教義を理解しないと、感覚的に理解するのが難しいですが、菩薩の慈悲、宇宙における万物平等と考えれば、分かりやすいのではないでしょうか。

仏教では、悔悟の涙によって極悪人も赦されるように、キリスト教も改悛によって罪が赦され、天国に迎えられます。

その根底にあるのは、究極の愛であり、「好き」とか「可愛い」とは次元の異なる、深い慈しみの気持ちです。

老いて醜態をさらけ出す父親に対し、神か菩薩のような慈愛の気持ちを持つのは非常に難しいですが、そうする以外にドミートリイが救われないのもまた事実で、それをやり遂げれば、ドミートリイも放蕩息子を卒業して、高貴な魂の仲間入りをする、という意味もありますね。

自分に牙を剥く老人さえ赦すというのは、ずいぶん損に感じますが、結果的に、心の強さを手に入れ、周囲の尊敬を勝ち得れば、人生全体から見れば、大いに得するわけですから、下手に調停するよりも、「哀れな老人」と慈しみ、赦した方が、ドミートリイの幸福のためなのです。たとえ、ドミートリイの怒りが正当でも、父親憎しで生き続けても、自分が苦しいだけでしょう。

しいては、人類全体の苦悩に対する願いでもあります。

『罪と罰』では、ラスコーリニコフが、感極まってソーニャの足に接吻し、「僕はお前に頭を下げたのじゃない。僕は人類全体の苦悩の前に頭を下げたのだ」と涙する場面がありますが、ゾシマ長老の場合、自分に対してではなく、全人類に改悛を促す意味があるので、ラスコーリニコフの平伏とは意味が異なりますが、人々の幸福を願う気持ちに変わりありません。

また、ドミートリイに頭を下げる行為は、「あなたもまた尊い存在なのですよ」と無償の愛を示すことでもありますね。

それほどの愛を見せつけられたことで、ドミートリイは自分を恥じ、「ああ!」と嘆いて、庵室を飛び出します。

この一場面で、ドミートリイが、本当は高貴な心をもった人だと分かります。ゆえに、このような人間が、やすやすと父親を殺すわけがないと。

面白いのは、当のフョードル自身が、何の意味かまったく理解してないことでしょう。「ありゃ?」みたいに我に返り、フョードル自身も、下卑た感情をなくしてしまいます。

ゾシマ長老の平伏は、ドミートリイの怒りのみならず、フョードルをも救ったのです。

結局、この会合は中途半端な形で終りますが、賢明な読者なら、「ドミートリイは父を殺さない」と確信するでしょう。

そうした読後感を持ちながら、先を読み進めると、もう話の前半部で、誰が犯人か、ありありと分かってしまうんですね(^_^;

カラマーゾフの兄弟 ドミートリイ こんな男を許せるのですか?

カラマーゾフの兄弟 ゾシマ長老 頭を垂れる

江川卓による注釈

江川訳の巻末に収録されている注釈です。訳者によって表現が異なりますが、作品理解の参考に。

シラーの『群盗』

1781年作のシラーの戯曲。ドイツのモール伯爵家の長男カールは弟フランツの陰謀で父から勘当され、盗賊団の首領になるが、やがて望郷の念に耐えかねて帰郷、弟の自殺後、弟に幽閉されていた老父を救い出すが、父は驚きのあまり失神してこときれる。ドストエフスキーは十歳のとき、カールを演じたモチャーロフの名演に最初の演劇的感動をを得たと伝えられる。兄ミハイルにすすめてこの戯曲のロシア語訳を出させたりもしている。

みだりにその名前を口にする

フョードルがカチェリーナのことを「貞操堅固な女性」と揶揄したことに対して、ドミートリイの反論。カチェリーナは父親の借金のカタをつける為にドミートリイの所に身売りに出掛けた過去がある(ドミートリイは指一本触れずに彼女を帰したが)

出エジプト記第二十章七節に「汝の神エホバの名をみだりに口にあぐべからず」とあり、ここでは「みだりに」という言葉が「フスーエ」と教会スラヴ語訳聖書と同じく古めかしい言い方になっている。なお、ドミートリイはこの言葉を予審判事による訊問のさいにもくり返す(下巻158ページ)。

ハンカチを隔ててだ

フョードルがドミートリイに決闘をけしかける。「もし貴様がおれの息子でなかったら、いますぐにでも決闘を申し込んでやるところだわい……武器はピストル、距離は三歩……ハンカチを隔ててだ」

シラーの「たくみと恋」で、フェルジナンドが宮内官に決闘を申し込む場面で、ハンカチの一端を持たせ、自分はもう一端をにぎり、その距離で決闘を行なおうとする。

多く愛せり

フョードルがグルーシェンカのことを「いかがわしい女」と揶揄し、「若いころに、環境にむしばまれて、堕落したかもしれないが、しかし『多く愛せり*51』「ルカ福音書」第七章四十七節ですからね、多く愛した女はキリストさまだってお許しになったんだ」と言い放つ。

イエスがパリサイ人の家で食事をしたとき、一人の罪の女が泣きながらイエスの足もとに来て、涙でその足を濡らし、髪の毛で拭い、その足に接吻して香油を塗ったが、イエスは彼女を指して、「この女は多く愛したゆえに、その多くの罪は赦されている」と言ったという。ここのフョードルの言葉では、「環境にむしばまれて」云々も、ドストエフスキーが批判的に見ていた環境万能論の立場をもじっている。ドストエフスキーは一八七六年五月の『作家の日記』で、情人の制裁を殺そうとしたカイーロワという女性の弁護に当ったウーチンがこの聖句を引用したことを「冒涜だ」と述べているが、同時に少年たちの間に聖書のこの一句をまさしくフョードル的な意味で理解しよとうする風潮があったことを指摘している。

*

※ 一部では、「罪深い女」=マグダラのマリアと解釈する向きもあるが、まったくの別人です。
(関連記事 → 我に触れるな Noli Me Tangere ~マグダラのマリアと西洋絵画

すなむぐり

上記に反論した神父らに、フョードルは「そのような愛(性愛)のためですとも、あなた方は小指みたいなすなむぐりを食されて……」と罵倒する

日本でカマツカのことをすなむぐりというが、ロシアのものは習性などは似ているが、日本のものより小型で、貧弱で役に立たぬ魚の代名詞のように使われる。修道僧は獣肉を食べることはしなかったが、魚肉を食べることは赦されていた。一五九ページ下段の注参照。

教会の暦

フョードルの醜態に幻滅したミウーソフが「ぼくはあなたの親戚じゃない」と言うと、フョードルは「あなたをかっかさせようと思って、わざと言ってみたんですよ、とにかくあなたは親戚あつかいされるのがおきらいですからね。でもね、いくらごまかそうたって、親戚にはちがいないんですぜ、教会の暦でだって証明してみせまさあ」と言い放つ。

暦の形で聖者の名や祭日を記した暦で、これを使って親戚関係を証明することは不可能。

出典: 世界文学全集(集英社) 『カラマーゾフの兄弟』 江川卓

このパートを縦書きPDFで読みたい方はこちら。PC推奨。閲覧のみです。
👉 どうしてこんな人間が生きているんだ!

ナビゲーション

次のエピソード
【12】 神がなければ全てが許される? イワンの苦悩もいつか解決される / ゾシマ長老の励まし 長男ドミートリイと父フョードルの金銭問題を解決するために開かれた会合で、イワンは同席した神父らと宗教論を戦わせます。有名な「神がなければ全てが許される」とは、どういう意味でしょうか。イワンの主張とゾシマ長老の温かい励ましから、イワンの抱える心の問題とその救いについて解説します。
前のエピソード
【10】 キリスト教徒の社会主義者は無神論者の社会主義者より恐ろしい ~ゾシマ長老とイワンの問答より 国家が罪人に刑罰を科しても魂が救われるわけではない。真に人間を救済するのはキリスト教会であり、国家が教会そのものになるべきという熱い議論が交わされる難解なパート。『パン泥棒と刑罰 ~法の裁きと魂の救済は矛盾する』『人間の新生と救済刑罰は罪人の魂まで救わない』『犯罪者にも行く当ては必要 ~教会が切り捨てない訳』『パイーシィ神父とミウーソフの議論より ~キリスト教徒の社会主義者』
誰かにこっそり教えたい 👂
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

管理人にメッセージを送る

コメントする

目次 🏃