現代の魔女狩りとキャンセルカルチャー 映画『アダムス・ファミリー 1 & 2』(1991年~1993年)

現代の魔女狩り アダムス・ファミリー
目次 🏃

アダムス・ファミリー 1 & 2 (1991年~1993年)

作品の概要

アダムス・ファミリー(1991年)
アダムス・ファミリー 2 (1993年)

原作 : アメリカのコミック『アダムス・ファミリー(Addams Family Values)』
主演 : モーティシア・アダムス(アンジェリカ・ヒューストン)、ゴメズ・アダムス(ラウル・ジュリア)、ウェンズデー・アダムス(クリスティーナ・リッチ)

アダムス・ファミリー
アダムス・ファミリー

アダムス・ファミリー 2
アダムス・ファミリー 2

町外れの一軒家(一応、豪邸)に済むアダムス一家は、お洒落で情熱的なラテン系当主ゴメズ、魔女の血を引くモーティシア夫人、どこかヘンな娘ウェンズデーと、ちょっと間抜けな弟パグズリー、おばあちゃんのグラニー、使用人で、フランケンシュタインみたいなラーチ、手だけのハンド君の7人暮らし。
町の人に気味悪がられながらも、普通に学校に通い、普通にスーパーで買い物する。
そんな一家に、25年前に失踪した兄のフェスターが現れて……。
ファミリードラマに、ブラックユーモアとゴシックホラーを混ぜ合わせた、異色のコメディ。

現代の魔女狩りとキャンセルカルチャー

何とも息苦しい時代になった。

あれもダメ、これもダメ、表現警察みたいなクレイマーが目を光らせて、あらゆる作品を監視し、少しでも不快な表現があれば、「差別だ」と切り込んでくる。

下手すれば、配信停止。

最悪の場合は、キャンセルカルチャー(ちびくろサンボのように、作品自体が消滅する)。

こんな精神風土で、ユーモアを解する余裕も、笑いを生み出す機微も、育つはずがない。

『アダムス・ファミリー』も、今となっては「過激な表現」が問題視され、TV放送はおろか、作品自体が消滅しかねない恐れがある。

確かに、子供同士でギロチンごっこをしたり、学校の演劇で弟の腕を切り落として、血しぶきが噴いたり(もちろん演出)、賛美歌を歌うコーラス隊に熱湯を浴びせたり(実際に浴びせるのではなく、間接的に描いている)、挙げ句の果ては、インディアンの虐殺ネタ(Part2の野外キャンプにて。さすがにこれは笑えなかった)。

むしろ、こんな映画をよく製作したものだと恐れ入る。

また、それがさほど問題視されず、全世界が笑い転げていたのだから、何とものんびりした時代である。

今、見返してみると、「さすがに、やり過ぎでは・・?」と感じる箇所もいくつかあるが(特にインディアン・ネタ)、ゴメズ&モーティシア夫妻は、二人の子持ち(Part2で三人になる)にもかかわらず、若い恋人同士みたいにラブラブだし、兄のフェスターも、おばあちゃんも、皆、優しくて、ユーモアに溢れている。

ちっとも笑わない娘のウェンズデーも愛嬌があるし(この子はシャーリーズ・セロン主演の『モンスター』でレズビアンの恋人役を演じている)、手だけで、カタカタと動き回るハンド君も、ンバ? としか言わないフランケンのラーチも非常に魅力的だ。

脚本も、ドタバタ劇に終始するのではなく、温かい家族愛を感じさせ、最後はなぜかほっこりする、極上の作りである。

ただ、「腕が飛ぶ」「インディアンが襲われる」というだけで、キャンセル・カルチャーの対象になってしまっては、それこそ文化の終わりではなかろうか。

作中では、魔女裁判や拷問にあって死んだ先祖のエピソードが出てくるが、今となっては、『アダムス・ファミリー』という作品自体が魔女狩りの対象になりかねず、一体、本物のモンスターはどちらなのかと考えさせられる。

映画『ジョーカー』もそうだが、本来、ジョークやユーモアというのは、非常に難しいものだ。

当たり障りのないジョークなど、何の面白さもないし、逆に、過激なイジリは、大衆受けしても、人を傷つける。

その真ん中ぐらい――誰をも傷つけない、面白いジョークを、プロのコメディアンは日々研鑽を積んで、独特の芸術に高めてきたのだが、こうも世の中厳しいと、育つものも育たないだろう。

この世からユーモアが失われることは、知性の終わりであり、貧しさの表れでもある。

いつかまた、アダムス・ファミリーのような作品を、皆でにやりと笑いながら楽しみたいものだが、それでも、インディアン・ネタは、さすがにやり過ぎと思う、今日この頃である。

現代の魔女狩り アダムス・ファミリー

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Notes of Life

最初から日の当たる場所で歩き始める人はいない。 皆に理解されながら物事を始める人も。 始める時は、いつも一人。 考えるのも、一人。 行うのも、一人。 だからこそ達成の悦びもひとしおなのです。

この記事を書いた人

MOKOのアバター MOKO 著者

作家・文芸愛好家。80年代サブカルチャーの大ファン。アニメから古典文学まで幅広く親しむ雑色系。科学と文芸が融合した新感覚のSF小説を手がけています。看護師として医療機関に勤務後、東欧に移住。石田朋子。
amazon著者ページ https://amzn.to/3btlNeX

Notes of Life

『汝自身を知れ』 ウサギがライオンに憧れて、ライオンの真似をしても、決して上手くいきません。 ウサギはウサギの群れと仲良くするから、友だちもできるし、身の丈にあった暮らしを楽しむことができます。 自分がウサギかライオンか、どちらかを知ることは、幸福の基本です。
目次 🏃
閉じる